年収をアップさせたい!そう望んでいる方へ

「今の年収に満足していない!」「転職して年収アップを図りたい!」。そうお考えの方は少なくはないと思います。

働き始めた時や年齢が若い時は、仕事を覚える事に一生懸命で年収の事を考えている余裕はないと思いますが、一通り仕事を覚え、年齢も20代後半や30代になってくると年収の事がだんだん気になりはじめてきます。

「今の年収でこの先大丈夫だろうか?」
「今の仕事と年収は見合っているのだろうか?」
「同年代の人はどのくらい稼いでいるのか?」

今までは仕事を覚える事や社会人として早く一人前になる事に集中していても余裕ができてくるとこういった事が気になりはじめてきます。

勤続年数で年収アップが見込めたり、社内でキャリアアップをして年収アップを図る事ができれば将来的に安心ですが、そうではない場合、転職をして年収アップを図る事も考えなければなりません。

何年後も何十年後も同じ給料だと将来が不安になってしまいますよね。将来、家庭を持った時に今と同じ年収だったら生活ができない、もしくは苦しいと感じた時、一度、転職をする事も検討してほしいと思います。

実際に転職をして年収アップを図る人は多く、特に20代後半から30代にかけて転職をする人は多い傾向にあります。

20代後半〜30代は社会人としてもっとも脂の乗った時期です。これまでに培ってきたスキルやキャリアを活かして転職をする事は十分に可能なので、転職をして年収アップを成功させましょう。

柔道整復師 年収アップの方法

年収アップ成功のポイント

給与規定が今の給与よりも高い企業に転職をする!

給与規定。ベースになる給料の事です。当たり前ですが、この給与規定が今の年収よりも下回る企業へ転職をしても年収アップは見込めません。

たとえ、昇給ありと求人に記載されていても今すぐ給料がアップする訳ではないので、給与規定が今の給料よりも高い求人を見つける事は必須ですね。

給料ベースが高いと昇給した時、更なる年収アップを見込めるので給与規定が高い求人に絞って求人探しを行うようにしましょう。

インセンティブや実力重視、評価制度がある企業に転職する!

企業によってはインセンティブの制度を設けていたり、実力重視・評価制度がある企業があります。

こうした企業だと自分の努力次第・結果次第で年収はどんどんアップします。

営業の職種にこうした制度が設けられている事が多いですね。自分の努力や営業成績のが直接、年収に反映されるのでやりがいもあり、結果をしっかり残せば大幅な年収アップを図る事も可能です。

大手企業=高年収ではない!

大手企業ほど高年収というイメージがありますが、実はそうではないんですね。

中小企業でも高年収を狙える可能性は十分にあります。

なぜかというと、中小企業の方が1人の人材が会社に与える影響が大きいからです。結果をしっかり残せば企業側も昇給・昇格を検討してくれる可能性があるでしょう。

大きな企業になればなるほど、年功序列の傾向があり、結果をしっかり残しても昇給・昇格には時間がかかる可能性があり、どちらかというと中小企業の方が上のポストが空いている傾向にあります。

早いうちに昇格したり、ポストに就く事ができれば年収アップに繋げる事ができるので大手企業だけではなく中小企業の求人にも目を通してみる事をおすすめします。

福利厚生や諸手当も年収アップに関係している!

年収アップを図るために転職をする時、福利厚生や諸手当も必ず確認しましょう。

交通費や残業代、食事手当て、住宅手当、家族手当てなど、福利厚生が充実しているといろいろな手当てが給料にプラスされます。

給料のベースが低くても諸手当が多ければ給料アップもできる事ができるので福利厚生や諸手当も確認してトータルでどのくらいの年収になるのかを確認しましょう。

転職エージェントを味方に付ける

上記でご紹介してきた事が年収アップのポイントになります。

すべてのポイントが当てはまる企業はそう多くはないですが、ひとつでも多くの事が当てはまる企業を見つけられれば転職をして年収アップを図る事ができます。

今では転職をサポートしてくれる転職エージェントもあり、転職エージェントのサポートを受ける事で有利に転職を行う事も可能です。

転職エージェントを味方に付けて損をする事はなにもないので是非、転職エージェントを味方に付けて年収アップを成功させましょう。